マンションの売却額を下げないために行った工夫

身内がマンションを売却することに

身内がマンションを売却することにペットでついた傷や臭いの対策実施修繕は大変だったが良い経験になったマンション売却の際に価格調査を実施した

マンション売却に必要な作業を行った経験があります。
身内の所有するマンションでしたが、売却額が安くなりそうな要因があったので、協力して何とかする必要があったのです。
その要因とはペットである猫による数々の損傷です。
特にひどかったのは柱とフローリングに残っている傷です。
フローリングのほうはあまり深くありませんが、柱のほうは何度も爪を研ぐのに使ったみたいでかなり深刻でした。
完全に表面が削れていて、内側の素材がむき出しになっている状態です。
普通に暮らしていて付くような傷ではないため、かなり値引きされてしまうことが予想されました。
またよく見ると壁紙も破れている箇所が多数あります。
畳もささくれている部分がたくさんあり、猫が日常的に元気に走り回っている光景が目に浮かびました。
さらに驚いたのが、カビが発生している傷もあったことです。
正直なところ、自分が顧客であったら購入しないと感じました。
そこで私がとった対策は、とりあえず補修をしてみることです。
ホームセンターにいって補修用のワックスとクレヨンを買ってきました。
ワックスをかけてみると、細い傷はすぐに目立たない状態になり嬉しかったです。
調子にのって深い傷にも試してみましたが、残念ながらそちらには芳しい効果は見られませんでした。